orangestarの雑記

小島アジコの漫画や日記や仕事情報など

スポンサードリンク

相沢沙呼先生、「小説の神様」もう、わーーってなる。がんばれっ!がんばれっ!ってなる。


りちょうとえんさん//怪物は夢を見ないkindle電子書籍で発売中です

f:id:orangestar:20160622000952p:plain

相沢沙呼先生、「小説の神様」、読んでるんですけれども、まだ途中なんですけれども。
とりあえず「わー」「うわーー」ってなる。面白いんですけれども、なんていうか、こう、仕事ものとしてきつい。


あとで、ちゃんとまた感想は書きますけれども、とりあえず売れてほしいので、6月21日発売したばかりなので宣伝しておきます。


小説の神様 (講談社タイガ)

小説の神様 (講談社タイガ)


一応、高校生小説家の話なんだけれども、最近のラノベ事情とか、結構世知辛い(というかほとんどが世知辛い)話がさいっしょからほとんど最後まで続いていて、一応、「主人公くんにとって小説を書く意味ってなにかな?かな?」っていうテーマもあるんですけれども(というか実際話の主軸はそれなんですけれども)8割は部数の話と金の話をしている、きつい。遠子先輩なんていなかったんや……。


あと、超絶美少女ツンデレ完璧超人ヒロインが出てくるんだけれども、それが、全然ご褒美感がないというか、その存在自体が主人公を追い詰める追い詰める。地獄みがある。ただ、美少女のふとももとうなじ描写に(一部で)定評のある相沢先生ですのでそこのところは大丈夫です。


あとで、ちゃんとまとめて感想というか、そういうのを書くので、すが、とりあえず、ちょっと、これ、買ってください、お願いしますみたいな感じがあるので、ちょっとでも興味を持ちましたら、書店などでお手に取ってください。


あと、志賀直哉は出てきませんのでご注意ください。