orangestarの雑記

小島アジコの漫画や日記や仕事情報など

コミュニケーションは暴力だ(ピエール手塚先生の作品について)

ひとでなしのエチカ(1) (ヤングキングコミックス)

ピエール手塚先生の初単行本の「ひとでなしのエチカ」と「ゴクシンカ」が先日発売されました。*1
この、先生、ってつけるのくすぐったいですね。多分手塚先生もくすぐったいと思うので、以降ピエテツさんと呼ばせてもらいます。人間はこんな風にして失礼ギリギリを探しながらコミュニケーションして距離を縮めていかないといけないのだ。
人を急にあだ名で呼ぶというのは暴力です。突然DMを送ってくるのも暴力だしlineのアカウントを聞いてくるのも愛を告白するのも暴力だし目が合って挨拶をするのも暴力です。人と人とのコミュニケーションというのは総じて暴力でできていてその折り合いの中で僕らは生活して呼吸して社会を作って友達を作って恋人を作って日常を送ってる。そしてその暴力性に対して目をつぶって生きてる。または暴力性に怯えてコミュケーションを放棄して知らない他人のまま誰かを放置して生きていってる。
ピエテツさんの作品は、そういう日常の中で行われる暴力性に対して、『自覚しろ!』と強く訴えてくる。

まだ少年ジャンプ+で見ることのできる『恋のニノウチ』のテーマもそれだ。(短いしすらっと読めるのでまだ読んでない人は読んでみてください名作!)
shonenjumpplus.com
暴力で他人に自分に恋に落ちさせるということができるという世界の話なのだけれども、これはやっぱり現実のメタファーなのだろうと思う。人に自分を好きにさせるときにはみんな暴力を使っている。端的にお金であったり、プレゼントであったり、マメに連絡を取ることであったり、相手好みの容姿になることであったり、相手に対しての無遠慮な力の行使、暴力を伴っている。
『恋のニノウチ』は、そんな世界で悩む少年と少女の物語で、その悩みの果てに暴力を肯定する話なのだけれどもそこに至る流れが物語の見どころになっていて、ですので是非見てください。

先日発売になった『ひとでなしのエチカ』も『ゴクシンカ』もコミュニケーションと暴力性の話で、生きて誰かと交わるということは相手に暴力を振るうことであるということが前提の社会で、どうやって暴力を肯定するのか、受け入れていくのか、というのがテーマになっていて、そして結局失敗する(ことも多い)のだけれども、それでも死ぬまで生きていくことを辞めることはできないし、生きていくうえで暴力を振るわないといけないし振るわれないといけない。他人を支配しないといけないし支配されないといけない。
ただ一つ明らかなことは『殴り合わないと自分の意思を示すことが出来ないし相手の意志を受け取ることができない』ということだ。

ピエテツさんはその寓意を漫画に落とし込むのがとてもうまい。とても面白い漫画なので、みんな読むといいと思います。

*1:献本頂きましたありがとうございます

最近の日記(気候とベランダと猫とウクライナ)

徒然と。

急に寒くなって着るものがわからない。

季節的には秋だから、順当に秋の物を着ていればいいのだけれども、ちょっと前までが暑すぎてまだ服を出す準備をしていなかったりした。あと、明後日はまた暖かいらしい、いい加減にして令和。

ロシアのウクライナへの侵略について。

ロシアとクルミア半島をつなぐクリミア大橋で火災があったらしい。何が原因でそうなったかは不明。ウクライナ側はウクライナからの攻撃をにおわせているしロシア側は事故だといっている。一両日中に復旧するといっているが炎上している写真をみるとどう見ても無理そう。今、この戦争はロシアからの侵略というターンからウクライナからロシアへの反撃というターンに移ってるように素人目に思う。

冬とベランダとテント。

毎年冬になるとベランダにテントとこたつを出してそこで過ごしたりしている。寒くなったので息子氏が「いつベランダにテント出す?」と言ってきている。ただ、まだベランダにはハンモックがぶら下がっている。このハンモックというのは、嫁が、秋冬の涼しい時期に快適に過ごすために設置したものだ。まだ寒くなったといってもギリギリハンモックで過ごせる時期なので嫁はハンモックを渡したくない。ベランダの占有を巡って嫁と息子氏の間で駆け引きが行われている。

家の片づけをしている。

片付けの原則として『片付けの厄介さはにはそうなるのにかかった時間に比例する』と思う。提唱者は自分だけれども。時間が経てば混沌としていくし、地層ができてしまえばそれを発掘して分類して調査するのにも時間がかかる。土地の発掘にも似ている。押入れとか、とりあえず放り込んでおこうという考えが良くないが、1年2年使わないもの、使わない資料はそうなってしまいがち。そして、それはいらないわけではなくどこかでまた使う可能性が高かったり、歴史的資料としてすでに価値が出てしまったものだったりして処分にいろんな体力がかかるものになってしまっていたりする。そういうのが、すごい面倒。

おしっこ猫

うちで飼ってる一番若い猫が、柔らかいところを見つけると「あ…ここ気持ちいいニャン」っていっておしっこをする猫、らしくて。家具とかクッションとか見直さないといけなくなって大変。布団の部屋に入れないようにしないといけないが、まあ、人間ができるすると隙をみて出入りするので、そこらへんはどうにも難しい。嫁が「どうにもここら辺の空間から猫の尿の匂いがする…」と疑心暗鬼になっている。

envy(hpのタブレット入力もできるパソコン)を使って絵を描いたりしてるが

やっぱり書き味があまり良くない(精度が低い)ので、iPadか気象タブレットが欲しい。

「AIイラストメーカーになんて負けない!」キリッ!

「やっぱりAIには勝てなかったよ……」ビクンッ!ビクンッ!


www.itmedia.co.jp


もうこの時点で自分よりも相当絵がうまいんだけどどうするんだろうね。
これくらいの絵を描くことのできる絵のうまい人間でも、人物下絵線画30分、色塗り1時間、背景30分かかるとすると、最低でもこの絵一枚書くのに2時間くらいかかると思う。でもそれをAIだと数分で出力してしまうわけでしょう?今はまだ、細かい指定はできないみたいだけどこの数週間の開発と進化の速度を見てると来月くらいには指示したらその通りのイラストを出力できるようになるんじゃないかな、細かい表情も込みで。

となったときに、こう、絵で食ってる人間はどうすればいいのか、とか、それ以前に絵を趣味にしている人間もどうしたらいいのか。って気持ちになる。織物や瀬戸物焼き物、蕎麦屋料理店のように工業製品で大量生産されたものと一品物とで風合いの違いで勝負していくのだろうか、其れしか道がないのか、そもそもそういう道があるのかどうかすらわからない。

ただ、『それなりに絵がうまい』だけ(以前は”だけ”ではなくそれは立派な技能だった)(以前といってもほんの10日くらい前で)の人は本人はともかく世間的にその価値を認められなくなってしまうのではないか。とか、昔写真が出たときにイラストはなくなるといわれたけれども結局イラストはイラストで残っていて、(ただし写実画の価値は下がった)それと同じようなすみわけがなされるのか。それはこれからの将来の歴史をみないとわかんない。本当にわかんない。

漫画はどうなるかっていうと、もう少し、AIが追い付くまでに時間はかかると思う。少なくともネームに関しては。ただ、ネームと表情とポーズを指定したら自動で作画してくれるくらいの機能は1年くらいたたずにできてしまいそうだ。本当にできてしまいそうなので、頭を抱えている。これからどうやって漫画を描いていけばいいんだ。

ただ、この機能で一番恩恵を受けるのも絵を描いてる人たちだとも思う。簡単に絵が描ける機能がこれまでの歴史の中で開発されてきたけれども(3D背景だったり写真取り込み線画であったりクリップスタジオという画材だってそうだ。クリスタにはひょろひょろの線を補正してくれる機能がついている)それを一番使いこなしているのは絵を描く人たちだったりする。(使いこなせてない人もいるけれども)(俺みたいな)その証拠にみなさい、今の中学生の描く絵を。それほど超絶にうまいレベルにいない子たちでも自分よりも相当絵がうまい。特に塗がうまい。そういう補助してくれたり書きやすくしてくれるツールがたくさんあって、それを使いこなしてるからだ。

そんなことを考えてるけど、結局、今は『新しいツールは勉強して使いこなすようにしていかないとどんどんおいていかれる時代』で(それは絵に限らずプログラムであったり他のいろんな業種であったり)何とかやっていこうとするならば走り続けないといけない時代だっていうことだけなんだなって思う。

とりあえずやってくしかないか。

今はここら辺が精いっぱい


あえて逆張りで鉛筆簡単イラストを極めるという方向もあると思うけど(自分にはそっちの方が勝ち筋に見える)(楽なほうを選ぶな!)

花譜さんの冠番組「バーチャルシンガー花譜の廻れ! MAD TV」観た!

「バーチャルシンガー花譜の廻れ! MAD TV」
TOKYO MX にて毎週火曜日深夜 26:35-27:05 放送。なので今無茶苦茶眠い。

kai-you.net

推しがテレビに出る体験は初めて(というか推しができる体験自体が初めて)なのでこの自分の感情がどういったものかよくわからない。嬉しい、という感情が一番大きいのだけれどもそれとは別に花譜さんが自分の届かないところへ行ってしまって寂しいというような感情、いやもともと手が届くとかそういうのではなく自分が花譜さんを好きになったタイミングでもう花譜さんはビックネームだったのだけれどもなんというかどんどん距離が大きくなっていく感じ。

自分だけが知ってるという状態から(もともとそういうわけではなかった)たくさんの人が知るという状態に変わっていくのに感じる一抹の寂しさのようなものを感じて、ああ、他の推しを抱えている人はみんな同じような思いを抱えているのだなあと思った。とにかくもっとみんな花譜さんのことを知って欲しいので、是非この番組を見てください。今回の放送は実質プレ放送といった感じでこの間の武道館コンサートの様子をダイジェストで放送といった形でした。

未公開だった花譜作詞作曲『マイディア』も流れてすごくうれしかった。花譜さんは歌唱だけでなく作曲の勉強もなさっていてそして初の作詞作曲の曲がこのマイディアなのです!頭の中で人に言えないようなことを考えてる(みたいな歌詞)があってそれがすごいわーっってなる。なぜわーっってなったのか自分でもよくわからないけれども。

武道館の映像が流れるたびに8月24日に行った武道館の記憶が頭の中によみがえってきて本当に楽しかったなあという気持ちになりました。本当に楽しかった。ライブ行った後殆ど記憶が抜け落ちていたのですけれども(情報量が多いとそうなることが多い)その記憶が補完することができました。花譜さん尊い。

そんなわけですごく眠いです。眠い。

それと番組を見てる最中後ろから嫁に「推しが武道館コンサートをして冠番組をして本当にようござんしたなあ」と京都言葉で嫌味を言われたり(むしろ直接の憎しみ)「推しが遠くに行ってしまう体験をしてみたいなあ」などということを言われて圧力をかけられてました怖い。

色んな人が色んな風に推しを持ってそして色んな風に推してる。初めて推しができてその気持ちが少しわかったような気がしました。いつか推しから降りるときが来るかもしれない。推しに勝手に期待してそれを勝手に裏切られたと思ってそして推しから降りるということもあるらしくて、でも、まだ、そういうことを考える段階じゃないので、今は楽しいから推していこうと思います。

花譜さんはインターエフエムでラジオ番組も持っていて。『ぱんぱかカフぃ』っていうんですけれども。

www.interfm.co.jp

4月から始まり『上京編』『死闘編』と続いて今『熱闘編』です。なんか個人的にらんま1/2を思い出しましたね歳ですね。
こちらも是非聞いてみてください。こういう番組やyoutuberやVtuberの配信ってあまり聞かないのでよくわからないのですが昔の声優ラジオのようだともおもいました。番組の進行というものは昔から変わっていないのかもしれません。

そんなこんなで今私は花譜さんを応援してるひとりの観測者です。