orangestarの雑記

小島アジコの漫画や日記や仕事情報など

スポンサードリンク

中年の思春期が来る!


りちょうとえんさん//怪物は夢を見ないkindle電子書籍で発売中です

p-shirokuma.hatenadiary.com

シロクマ先生の記事に対して


f:id:orangestar:20170519115559j:plain


こちらからは以上です。



シロクマ先生には、この一言で全部通じると思うけれども、補足。

中年の思春期の説明は、ここで長々と書くよりも、こちらの漫画を見てもらったほうがいいかと。分かりやすく説明されてます。



ヤングアニマルDensi 木根さんの1人でキネマ


木根さんの1人でキネマ20本目


ちなみに、この木根さんの1人でキネマの17本目のエヴァンゲリオンの回は絶対見た方がいいです。絶対に見た方がいいです。絶対に見た方がいいです。

木根さんの1人でキネマ 3 (ヤングアニマルコミックス)

木根さんの1人でキネマ 3 (ヤングアニマルコミックス)




このシロクマ先生の状態。中年の思春期、中年の危機そのものというよりは、その前駆症状、風邪の引き始めみたいなものではないかと。“中年の危機”を迎えているというよりは、たぶん、こういう風な状態(能力、精神的な成熟)が、“中年の危機”が始まる条件なのではないか、と思いました。

中年の危機。それは、人生が半ばを過ぎていろいろなことが落ち着いた時に起こります。人生の階段の踊り場にたっていろいろ見渡せるようになる。その時に、ふと、今までの人生とこれからの人生がみえてくる、今までの捨ててきた色々な可能性、そしてこれから捨てていく別の可能性。そのことを考えてしまい、ふと、別の生き方があったんじゃないか、別の生き方があるんじゃないかと思う。


中年の危機 - Wikipedia



大抵は鬱になったり、メンタルを崩したりしますが、中には、はっちゃけて暴走してしまう(不倫とか会社辞めたりとかユーチューバーになったりとか会社始めたりとかブロガーになったりとか)人もいるみたいです。

シロクマ先生の記事のように、“「できる事」をどんどん捨て”ていくことができないと、“中年の危機”に陥る可能性が非常に高いのではないかと思ったりしたわけです。自分ももうアラフォーなので、備えよう。気を付けなければ。

というか、こういうことについては、シロクマ先生の方が本業なので

詳しい説明などは、シロクマ先生にボールを投げ返すということで、ここで筆をおきたいと思います。

認められたい

認められたい

「若作りうつ」社会 (講談社現代新書)

「若作りうつ」社会 (講談社現代新書)


よろしくお願いします。





返信いただきました。
p-shirokuma.hatenadiary.com

どうも、やはり、外側から見ていると危ういような気がするんですが、なんとなく。