orangestarの雑記

小島アジコの漫画や日記や仕事情報など

スポンサードリンク

ディストピアについて


りちょうとえんさん//怪物は夢を見ないkindle電子書籍で発売中です

ディストピアというのは、大多数の人間(または“人間”とみなされるごく一部の人間)に対して過適応した社会で、その大多数でない少数派の人間がとても生きづらくなる世界、で、だから、その大多数の人間にとってはディストピアはユートピアであるのだけれども、しかし、ごく少数の人間にとってもディストピアは救いでもある。


少数派の人間。うまく生きることを許されず、社会の中で“すりつぶされ要員”と確保されているにもかかわらず、ディストピアでない社会においては『自己責任』という形で自分で自分をすりつぶさせられて、死んだり苦しんだりすることも『自分の選択でやったこと』とされてしまう。だけどディストピアの中では、社会が責任をもって、社会がすりつぶしてくれる。


少しだけましだ。


一九八四年 (ハヤカワepi文庫)

一九八四年 (ハヤカワepi文庫)

1984 (English Edition)

1984 (English Edition)