orangestarの雑記

小島アジコの漫画や日記や仕事情報など

スポンサードリンク

さっちゃんズ002


りちょうとえんさん//怪物は夢を見ないkindle電子書籍で発売中です

さっちゃんズ

f:id:orangestar:20170627172204j:plain
f:id:orangestar:20170627172209j:plain

orangestar.hatenadiary.jp

機械の方が仕事が有能なので感情労働だけが人間の仕事として残るよね、っていう地獄。

さっちゃんズ1

さっちゃんズ1

さっちゃんズ2

さっちゃんズ2

猫を殺す仕事

猫を殺す仕事

今日の日記とか

エアコンの掃除を頼む

エアコンの掃除を業者に頼む
しらべたら自分でやるキットも売っていたんだけれども(アマゾンでも買える)

くうきれい エアコンファン洗浄剤 (エアコン洗浄剤送風ファン用 養生シート付き)

くうきれい エアコンファン洗浄剤 (エアコン洗浄剤送風ファン用 養生シート付き)

アース製薬 エアコン洗浄スプレー防カビプラス 無香性 420ml 2本

アース製薬 エアコン洗浄スプレー防カビプラス 無香性 420ml 2本

ほか、養生テープとかの準備もいるし、もし失敗したときのリカバリとか、基盤部に間違えてスプレーしてしまった時の事故を考えて業者に頼むことにした。自分の不器用さには自信がある。結果として頼んでよかった。2台で3時間ほどで終わったのだけれども、自分でやっていたら丸一日かかる仕事になっていたと思うし、絶対事故起こしていたと思う。ややこしいことは外部化していくべき。

青空文庫で坂口安吾など読んでる

坂口安吾の、桜の花の満開の下とか読んでるんですけれども、坂口安吾を読んでいると、1995年くらいの鬱エロゲーを思い出す。あの、なんか諦めた感じとはかなさとファンタジーとその美しさというものがとても似ていると思うんですよ。今の2017年にはああいう世界観というものが存在する余地ってたぶんないんだろうなと思う。当時の鬱エロゲーというものもメインストリームの文化ではなかったけれども、大きな石の下にあるダンゴムシのコロニーみたいに、日の当たらない場所に日の当たらない昏い世界というものが存在していた。いまはなんか、ツール的にそういうものが存在しにくいような気がする。

不思議なアイコン

id:karaageさんのアイコン
http://cdn1.www.st-hatena.com/users/ka/karaage/user.jpg
が、どう見ても寿司なんですけれども、寿司なのにカラアゲって書いてあるからハットリくんの絵に“パーマン!”って書いてあるイラストみたいな不思議な気持ちになる。寿司ですよね?