orangestarの雑記

小島アジコの漫画や日記や仕事情報など

スポンサードリンク

「この対魔忍はできそこないだ、食べられないよ」


りちょうとえんさん//怪物は夢を見ないkindle電子書籍で発売中です

栗○さん「へえ、これが対魔忍の快楽漬け…わたし初めて食べます」
京○さん「どや、この対魔忍は最高級品や、わざわざDMMから取り寄せたんやで」
山○さん「やれやれ、こんな対魔忍をありがたがって食べているようじゃ、あんたの脳下垂体も怪しいもんだ。どうやら前立腺はただの飾りらしい」
京○さん「なんやて!」
山○さん「来週、また同じ時間にここに来てください。本物の対魔忍をご覧にいれますよ」



このあと、養殖物~とか、「そうか、プライドね!あのかたいプライドがへし折れるから、ここまで屈辱の味がしみ込むんだわ!」とか、本当は3年かけて仕込むものを、最近は化学調味料物質を使って3カ月で仕上げてしまう、似たような味にはなるけれども、実際のところはね…とか、いったあと、自宅でも簡単に漬けれる対魔忍の快楽漬けの説明をしたりする。翌日会社で山岡さんがグータラ発言をしてそれに対して、栗田さんが「もう!山岡さんを快楽漬けにしちゃおうかしら!」っていって、「ふえぇ~勘弁してくれよ~」って言って終わり。