orangestarの雑記

小島アジコの漫画や日記や仕事情報など

スポンサードリンク

最近みてる漫画、将太の寿司とかの話

f:id:orangestar:20181109160247j:plain



将太の寿司本当に面白いのでオススメ。
無料でみれるの15日までだけど。急げ!
www.sukima.me



地方大会編の決勝の4人の悪心なくお互いがお互いを認めて寿司をつくるのはとても見ていて気持ちがいい。いい決勝戦だった。クズが一人もいない。ずっとこんな戦いが続けばいいのに……。


全国大会編の54話、「五年前の約束」の話の、”母さんがもう死ぬんだ”っていう演出がとてもうまい。
大年寺さんがすごい。
油断していたとは言え、その大年寺さんを体さばきで線路に落とす四包丁の女がすごい。物理の戦闘力数値が相当高いと見える。
四包丁の女が出てこずに、最終決戦ではデパートの地下食品売り場の持ち帰り専門寿司の高田早苗が出てくるんですけれども、シナリオとしてその判断をするのがすごい。
最終決戦のバトルロイヤルで笹寿司陣営が二人になると自然に佐治さんと将太が組むような形になってしまうので、それを避けたのだと思う。
それによって物語に深みと広がりが出ている。あと、寿司は心なので、人を線路に突き落とすような人間は寿司の最終決戦に出すわけにはいかなかったのかもしれない。


それにしても笹寿司の感情がクソデカすぎる。自分の中の仮想嫁が肩をポンポンと叩いてドヤ顔をしてくる。
個人的な見解だけど将太が総攻めすぎる。(実際の嫁には確認していない)
将太の寿司の作品中で、一番将太のことが好きなのってやっぱり笹寿司の息子だと思うんだよな。感情がクソデカすぎる。将太に嫌な思いをさせるためだけに、450万のエビを用意したり、イセエビを買い占めたり、一人20万の会食に同級生全員を無料で招待したり、一体、将太一人にいくらの金を使ったんだ……。お前石油王かよ……。あと嫌がらせのためだけにお子様ランチセットを手作りしてきたのかよ……。



将太の寿司に合わせて、喰いタンも無料公開中なので、そちらも是非。オススメ。
www.sukima.me

「File.106 最大の敵! 喰うか、喰われるか!」
では、2mくらいあるツキノワグマと戦います。超人料理まんがではないのでツキノワグマを倒すことは出来ませんでしたが、大年寺さんならきっとやってくれた。



今期のアニメでは、ゾンビランドサガが面白いです。
あと、Amazonプライムでまた「宇宙よりも遠い場所」が観れるようになっているので、未視聴の人はぜひ見て欲しいです。

更新の間が空くと更新のハードルって無茶あがる

f:id:orangestar:20181108222327j:plain

色々あって更新の間が空いてました。白菜の漬物を作ったっていうのを上げてから数か月放置していたので、一見漬物ブログみたいになってた。はい。
今日からちょくちょくと更新していきます。
更新が空いている間に書いたりしていたのですが、なんとなくタイミングを逃してあげられなかったものも上げていきます。更に完全に時期を逸してますが。仮想通貨とかVtuberの話とか。
そんな感じでまたよろしくお願いします。



仕事作業に入るまでの加速をつけるために漫画を描いたり文章を書いたりしています。
このシリーズのつづきがみたいとか、こういうのが読みたいとかそういうのがあればリクエストください。できる範囲で描いていきたいと思います。


それではまた。

異類婚姻譚、あるいは異形の出てくる物語について。

togetter.com



異形の出てくる物語、あと性別も含めてについて。上のTwitterまとめからちょっといろいろと考えた。
上記のもともとのtwitterは「男異形×人間女はあるけれども逆の物語がないのはなんで?」っていうことで、それに対して多方面から突っ込みが入っているのだけれども、確かに男女の違いで物語の構造がある程度違っていると思う。というか、異形、異類、マレビトが出てくる物語は、男女の違い、集団の違いである程度類型化できる気がする。あと、主人公の目線をどこに置くかでも変わってくる。


  • 異形男×人間女(異形が異形)
    • 美女と野獣
    • ミミズクと夜の王

人間女が人間社会から少し異形(ずれている)ということが多い。人間女子がずれているので、怪物の容姿を気にしないで接していてそこに愛が産まれるパターン。
または監禁状態などによるストックホルム症候群による。
純粋なパワーの力関係が「異形男>人間女」となっていて、それが物語が展開する原動力になっている。

  • 異形男×人間女(異形がイケメン)
    • トワイライトシリーズ

これは、後述する異形女×人間男(異形女が美女)に構造が似ている。
人間男だと思っていたら異形男で、そこで『真実の愛が試される』という話。出自、家柄によって真実が試されるので、ロミオとジュリエットと同じ類型の話となる。

  • 異形女×人間男(異形が異形)
    • アバター

アバターがそうらしいという話なんだけれども未視聴なのでなんとも言えない。
あまりこの類型の話を知らない。

  • 異形女×人間男(異形が美女)
    • ぼくのエリ 200歳の少女
    • 沙耶の唄
    • ファウスト
    • (クトゥルフ美少女もの)

異形女が美少女、美女、魅力的な容姿として(少なくとも男性本人には)見えていることが多い。あと、“向こう側”へ誘う存在として描かれることが多い。
男の人が、社会に属する生き物で、その社会からの外側の存在として常に女性があるというのがあるのかもしれない。女は蛇。
あと、人間女だと思っていたら異形女で、そこで『真実の愛が試される』というパターンも多い。これは、最初から異形女だと分かっているのとは別の類型のお話として処理した方がいい。
男女逆のパターンの、人間男だと思っていたら実は異形男っていうパターンってあんまり見ない気がする。トワイライトシリーズとか。


  • 異形男×人間男
    • ET、などたくさん。

恋愛ではないけれども異形がかかわるパターンとして。
種族を超えた友情の話だけれども、相手が異形であるゆえの葛藤があるのがあまりない。boy meet boyとして、子どもが大人になる、大人がより大人になる、成長の物語、男を一つ上の視野に押し上げるための装置として出てくることが多い。異形女が“社会の外側”へいざなうのと違って、より大きな”社会””世界”への入り口、そこへの道筋をつけてくれる異形として出てくる。
異形女×異形女の物語を見たことがない気がする。異形男×異形男の物語はよく見るけれど。
もし知ってる人がいたら教えてください。



類型として分けた時、物語の進め方にある程度差異がある。

  • 男性が社会に属して、そこで存在証明されないと生きていけない生き物であるということ
  • 物理的な力で男性>女性であるということ
  • 男性の方が異性を見た目で判断するということ

ここらへんが、それぞれの物語におけるキャラクターメイキングと物語の進め方の違いになってる気がする。


それと、物語の結末として、男性異形男性人間どちらにしても、変質するのは男側で女側は変質しないって特徴がある。そこらへんも、男性が社会的生き物であるところと関係があるのかもしれない。