orangestarの雑記

小島アジコの漫画や日記や仕事情報など

スポンサードリンク

huluが大変なことになってるっぽい


りちょうとえんさん//怪物は夢を見ないkindle電子書籍で発売中です

映像の権利保護とか大事だと思うんだけれども、一般の人は、そういうことで悪いことはしないし(面倒だから)そういう悪いことをするタイプの人間は、どれだけガードをきつくしても抜け道を探してやるので、迷惑や不便をこうむるのは、普通の特に、著作権違反をしないユーザーなので、こういうの本当に、どうにかならんかなー。


っていうのを、映画泥棒とか、DVDのリッピング解除禁止とか、ダビング10とか、CCCDの時からずっと思ってる。
映画館に入ってから延々映画泥棒の注意が流れるのもしんどいし、自分で購入したDVDの映画を、昔は携帯電話やプレイステーションで観れる形に変換して(当時は映像配信のサービスもなかったから)見ていたんだけれども、それは違法になってしまった。著作権的には個人的利用の範囲に入るから問題はないのだけれども、プログラムを解除するという部分で方に接触するようになって。やはり、そこらへんは、“普通の利用範囲以外で利用する人”対策なのだろうけれども(だって著作権的に、自分で購入した映画を自分で楽しむのには問題がないのだから)それ以外の人が不便になって、結局、法を犯す人間は犯して、それをネットなどにアップするので、なんていうかなんていうかだなーって思う。


本当に、なんか、ここら辺のこと、うまく整理できないかなーって思う。