orangestarの雑記

小島アジコの漫画や日記や仕事情報など

スポンサードリンク

魔法瓶の魔法が解けた。


りちょうとえんさん//怪物は夢を見ないkindle電子書籍で発売中です

作業中に飲むお茶やコーヒーを入れるとき、何回も入れなおすのがめんどくさいので、大量に作ってそれを魔法瓶に入れて、飲んでいるんですが、それに使っている魔法瓶が、ぶつけたか内部で事故があったのか、入れたとたんから側面の金属部分が熱くなり、どうやら断熱できていない模様。魔法ができてない瓶。ぶつけたりしたあとはないので、原因不明。純金属製。金属真空部分に穴が開いたのかもしれないし、どこかが接触してヒートブリッジになっているのかもしれない。
以前、内部がガラス製の真空魔法瓶を使っていたんだけれども(アラジンの奴)(こういうの)

アラジン レッドチェック ヘリテイジボトル 0.7L 073-32074

アラジン レッドチェック ヘリテイジボトル 0.7L 073-32074

コトンとこけた拍子に中がガチャンっていって、それからゆするとガチャガチャといって、ああ、これはもうだめなのだなと思って、そのまま燃えないゴミにだした。蓋のコップだけうちに残っている。嫁が大切にしていたものなので悪いことをした。それからは自分が使うものは純金属製かプラスチック製のものがいいなと思っている。壊れることが前提。



欲しい、こういう感じのイメージ、っていうのはあるけれども、それがどういう商品でどこで売っているのか、そして、それが本当に自分にとって必要なものなのかというものなのかわからない。
今、水筒型金属製魔法瓶をポットみたいにつかっているけれども、もしかしたら保温ポットの方が便利で自分が必要にしているものなのかもしれないし、そこらへんの段階でわからない。外に持つ運べるほうが便利かもって思って、水筒型の今のものにしたけれども、そもそも外にもっていかないし。


ちなみに、ガラス型の魔法瓶はあんな形をしているけれども、外への持ち運びを考慮していないみたい。説明書にそう書いてある。ガラス型の魔法瓶のいいところは、何よりも軽いところ。本当に軽い。


ただ、水筒の重さってほとんど持ち運ぶときの液体の重さなので、そこまで考慮に値するのかどうかというのもわからない。




僕には、何もわからない。水筒のことも、自分が何を必要としているのか、それすらもわからないんだ………。