orangestarの雑記

小島アジコの漫画や日記や仕事情報など

スポンサードリンク

被差別の食卓、世界中の被差別の人たちの中に入って行ってご飯を食べてくる話しです。


りちょうとえんさん//怪物は夢を見ないkindle電子書籍で発売中です

被差別の食卓 (新潮新書)

被差別の食卓 (新潮新書)

日本、インド、中東、アメリカ、インド、他、世界中の被差別者のところへいって、そこでの郷土料理?を食べてくる、ただそれだけの話。
でもただそれだけの話なのに、すごい面白いし、色々と考えさせられる。あとお腹がへる。


一般に郷土料理というものは、そこでしか取れなかったり、そこで豊富にとれるものを消極的理由でおいしく食べられるように工夫していったものが多い。この本の中で紹介されている料理も、そのようにその社会クラスタの人たちが手に入るものを、出来るだけおいしく料理したもの、ということになるのだけれども、実際のところは、色々な事情で、それを食べざるを得なくなった、という差別によってそうなっている部分が多い。それでも工夫しておいしく食べられるようになった料理は、その被差別者のクラスタを越えて、世界中で食べられるようになったものも多くある。ケンタッキーのフライドチキンもそのひとつ。

そういう風な読み方も出来るけれども単なる食レポとしてもとても面白い。
ハリモグラの料理は、あんまりおいしくなさそうだったけど。