orangestarの雑記

小島アジコの漫画や日記や仕事情報など

デマを中略。はもう無理ゲー。

p-shirokuma.hatenadiary.com

の記事に対して、でもないんだけれども。

去る9月16日、Twitterで

埼京線の線路内に金髪の男女2人が立ち入り「駅員や警察と鬼ごっこしている」「酒を飲んだり雑草に隠れてキスしている」

というようなTwieetが回ってきました。でも、それを自分は最初デマだと思ったわけです。その理由が

  • 駅員が人種までアナウンスするわけはない
  • そんなに多くの人が見たなら一次情報がネットにたくさん上がっているはずだがなかった
  • 情報の発信源がまとめサイトだった

以上から、誰かがデマを流してそれをまとめサイトが拾って、それを嘆いて誰かがTwitterにかいてそれに感化された誰かがまた拡散して、という流れでデマが拡大していったのだろうと。
そしてその日の夕方、公式発表を取材した、ニュースペーパーの記事が出ました。

news.yahoo.co.jp

その後、「線路内に人はいない」と確認し、同8時6分から順次運転を再開。通勤ラッシュの時間帯に主要な路線で運転見合わせや遅延が生じたことで、約9万5000人に影響が出たという。【ハフポスト日本版 / 金春喜】

これを受け、ネット上では「外国人男女2人が線路内立ち入り運転見合わせ」「(その2人が)駅員や警察と鬼ごっこ、原宿駅の近くで走りながら酒を飲んだり雑草に隠れてキスしてる」などと真偽不明の情報を載せたサイトが拡散され、Twitterでは1万件近くリツイートされた。
(中略)
一方、JR東日本の公式発表では、線路に立ち入った可能性のある人物の属性については一切言及していない。

同社東京支社の広報担当者は「線路内に人はいなかった」とした上で、「(仮に立ち入った人物がいたとしても)国籍、人数、性別はわからない」と説明している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9c311ff88e1e65ca434059634a5c1076ede80d7b

ほらやっぱり!デマだった!
そう思って自分はこういう漫画を描きました。


ところが、この後、事態は思わぬ方向に向かいます。
togetter.com

実際に線路に立ち入った外国人はいた。そしてそのソースが、その外国人本人のInstagram。本人もそれを認めている(認めたうえですでに出国済み)という。Twitterに伝聞しかなかったのは、実際に見た人がリアルで伝聞して、それをTwitterに書いた、ということだったのでしょうか。
つまり、最初に聞いた情報は実はデマではなかった(結果的に)ということになりました。

新聞記事は確かにJRに取材をして言質を取っていますが、確定してない情報に対しては広報されないし(実際に本人を捕まえて聞いてみないと国籍人数性別は断言できない)。正確な情報以外が流されない。それだけ見てしまうと、実際に起こったことをデマだと断じてしまう危険性だってあるわけです。例えば、戦争で状況的に20000人死んでいるとか、犯罪的行為で被害にあったことが正確に証明できないと『それはデマ』と思ってしまうこと、思われてしまうこともあるわけです。

これは困った。どうしたらいいのかわかりません。予防のしようがない。

そして、上で書いたマンガの中で『(デマを広めるなら)今度はAIで絵を描いて貰う』って言ってるんですけれども、ネタで。でもそれがあっという間に現実になってしまった。

もう駄目だ、何も信じられない。
自分の頭で考えようが他人の決定に身を任せようが、真実にたどり着くのがとても難しい時代になりました。
どうなる?

結論はないです。困ったな、って話です。

なんでスーパーの店員さんやバスの運転手にありがとうっていうの?







最近ツイッターで漫画貼ってばっかりだったので。はてな向きな漫画だと思ったので。


発掘。2017年ごろの未公開が結構出てきたのでアップ。

若かったなあ……。ただ、今よりも確実に面白い。若さってあるよな……。若さってやっぱり創作にとってとても大事だ。

もしかしたら、別のブログの方に更新してたかもだけど、そっち、消えてしまったからな……。

人生で大切なことは大体学校で教わってる(はずなのに全然それを生かせてない

f:id:orangestar:20220216122245j:plain




学校で学べる「教養」「趣味」について

古典とか漢文とか小説とか。実用的でないのでカリキュラムから外そうって動きがあるけれども、個人的には残した方が絶対にいいと思うんですよ。普通に生きてたら多分スルーしてしまう教養ってやつを、殆ど全員の中学生高校生にインプットできる。もしかしたら、そこから、もっと深い場所への入り口になるかもしれない。
他の、音楽や体育スポーツに関しても、そこから、選手やプロになるというという人もいるだろうし、それ以外にも将来趣味でやるためのベースになることもあるだろう。むしろ、そういう趣味でやれるための『そういうことがある』という知識を得れるということにすごい意味があると思う。
実学以外の学問、学問以外の生活に必要のない何か。それを広範囲で教える、教わるということは、すごく意味のあることだ。
有用性にばかりステータスを振り切って、趣味とか自分自身で自分を慰める何かを持っていないと、いざ失敗した時に多分ちょっと悲惨なことになる。
orangestar.hatenadiary.jp


じゃあ、どこら辺が失敗なのか

正しさ、成績、で評価をつけること。
学問、将来の仕事で必要のないカリキュラム。学校のカリキュラムだから評価しないといけないんだけれども、その技術や能力を身に着けさせるよりも、それ自身の楽しさを知れるようにするということを一番大事にするべきだと思う。そうすれば自分もこんなに体育(体を動かすスポーツ)が嫌いにならなかったのに……。

心のMPが尽きたら宿屋(ホテル)に泊まって回復しよう

f:id:orangestar:20220215103905j:plain

MPが尽きたら宿屋に泊まって回復しよう

なんだかわかんないけどやる気が出ない。漫画もアニメも見る気がしない、仕事どころか自分の趣味で楽しいことすらする気がしない。
そういう状態を我が家では、『MPが足りない』って呼んでいます。
MPが足りない状態でもツイッターをだらだら見たり、パズドラを虚無りながら延々とプレイしたり。
ちなみに真の虚無ゲーはトゥーンブラストだって嫁が行ってました。
レベルを見せてもらったらとんでもないことになってた。

トゥーンブラスト

トゥーンブラスト

  • Peak Games
  • ゲーム
  • 無料

結局布団にくるまって寝る!しか回復の方法がないのか、もう駄目なのか、ていう状態が結構続いたんですけれども、ここ1年、何とかうまくいってるやり方があって、それが

『宿屋にとまる』

旅行に行くとかでなくて、近所のビジネスホテルで1泊とか2泊。2か月に1回くらい、リフレッシュのために嫁に家事を任せて泊まるようにしてる。*1
初めてそれをしたとき、想像以上に心のMPが回復した。物凄く煮詰まっていたのがだいぶ空気が抜けてガス抜きができた。ホテルに泊まって何をするでもなくぼーっとしたり、ネトフリを見たりしてただけなのだけれども、たぶん、それがいいのだと思う。生活から離れ、次のタスクの心配やそういうことからも離れられるっていうのが効果があったのかも。
旅行とかはあまりしないので旅行の効果との違いはわからないのだけれども、(旅行の方がもっと回復するのかも)普段と違う環境に自分をおいて、何かやらないといけないこととかの圧力がない状態でガスを抜くというのが、ここ数年で自分のやったガス抜きの中で一番効果があったので、試せる余裕のある人は試してみてもといいと思う。

*1:うちは家事を自分がメインにやっていて、よその家と役割が逆。家で煮詰まってる自分のために嫁が家事と家のことをその間やってくれた