読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orangestarの雑記

小島アジコの漫画や日記や仕事情報など

スポンサードリンク

白夜行(TBSドラマ版)第1話を見た


りちょうとえんさんkindle電子書籍で発売中です//となりの801ちゃん+512月24日発売予定

メモ1:自分自身の所感

  • ずっと嫁に、見ろ見ろと進められていたのだけれども、ずっと避けていた。人生で初めて見た。
  • 避けていた理由は、あらすじと、テーマを聞いていて、自分にとって、“とても面白いはず”自分の世界観のコアに触れるはず”というのがわかっていたから。
  • ここ、10年、鬱の状態がひどくて、実際感情が死んでいるのがわかっているので、それ以前のように、いろんな作品を見ても、“心の底の根っこの部分、自分の核の部分から”面白い。と感じられなくなっていた。
  • 面白いのはわかるけれども。それは「レシピをみて美味しいのは理解できる」というような感じ。実際に舌にのせてみても味がわからない、味がわかっても、“お腹がいっぱいの時に食べるご飯”みたいな感じで、味が美味しいのは分かるけれども、美味しくないそういう感じ。
  • そういうの、一時期に比べたら、だいぶんマシにはなっているのだろうけれども、まだ、感覚器の前に透明な薄い、頑丈な膜が張っているみたいになっていて、“本当に面白い”っていうのを感じられなくなってる。もう、若くはないというのも理由かもしれない。
  • (同じような理由で、嫁から勧められている須和雪里先生の先生も避けています)
  • いつか、そういう幕がなくなってストレートにそういうのが見れるようになればいいなと思う。
  • それで、白夜行の話なのだけれども、とても面白かった。そういう状態でみても、ちゃんと面白かった。ここで、こうして何がどうやって面白かったというのをかけるくらいには面白かった。
  • でも、まだ、こんなもんじゃないだろう、というのがあって。お腹いっぱいの時や、風邪をひいて鼻が利かないときに食べるご飯みたいな、そういうもったいなさがある。
  • 自分の好きな要素が詰まってる。
  • もし、もう少し、心身の具合がまだよくなることがあるのなら、その時までおいておきたかった作品。

メモ2:客観的な目線での感想

  • とりあえず、1話だけ。まだ、2話以降は見ていない。
  • ものすごく完成度が高い、あとお金とか手間とか才能とか、そういうものをすごい贅沢に使っている印象。
  • 絵が、とてもきれい。ガジェットの使い方がとてもうまい。感情の移り変わりがとてもこまやか。ものすごく“神経が行き届いている”と感じる。
  • あと、プロジェクター(プロジェクターでみました)補正があるのかもしれないけれども、映画みたいな画面と時間の使い方だと思った。人間以外を映すカメラワークがとても多くて、好き。
  • あまりに1話の完成度が高くて、2話以降は、蛇足になるのではないと思われる出来。これで、2話以降も、すごいと嫁から聞いているので、一体どういうことになっていたのか、といぶかしむ。

メモ3:個人的な感想

  • 誰かにとって、たいしたことでないことが、誰かの救いになるという、そういうエピソードが好き。
  • お互いにとっての神様みたいな存在、になるふたり、というのが好き。
  • 取り返しのつかないこと、秘密、そういうのが好き。
  • 悪意の中で、お互いにしか、お互いのことを理解できない、そういうふたりなのに、お互いのことを理解できない、それでも、守りたいし、その相手が、幸せであってくれるなら、自分はどうなってもいいというのが、好き。
  • 子どもの、恋愛ではなく、友情でもなく、恋愛と友情の間でもなく、同情でもなく、お互いがお互い同じ形で欠けているから、だから、わかる。というような、そういう関係が好き。

メモ4:細かく好きなところ

  • ガジェットの使い方がいい。
  • ハサミというガジェットがいい。凶器でもあるし、絵的に鋏というのは禍々しい。また、鋏というものが何でもないものから、ものを切り出す、作り出すという魔法の道具でもある。作中において。まるで呪いみたい。
  • ドブに咲く花、美しいもの。願い、願いのかなえ方。
  • あのシーンが本当に美しくて、鋏というものの、2面性の片側を見せてくれている。あの鋏が少女の、希望を作って、少年の絶望を後々呼び込むっていう。
  • 図書館と、本と、風と共に去りぬ。これからの予感とこれからの予言。
  • 周りの大人たちの悪意のなかで、お互いの存在だけが救いになる、というもの。

メモ5:その他

  • 小学生編だけで、一本の映画のような出来だったので、精神の様子がいいのなら、1話だけでも見たほうがいい。自分は万全な状態で観れていないことを後悔している。同じような感じで、据え置きになっているものはたくさんある。2話以降を見るかはいまだ未定。
  • ただ、演出、道具立て、シナリオがとてもよくできているのは分かる。
  • これから、二人はずっと悪意にさらされていくのだろうと思う。
  • ただ、大人になって思うのは、ただの悪意よりも、善意からにじみ出る悪意のほうが、恐ろしい、とも思う。戦いようがない。
  • 武田鉄矢怖い。笑顔が怖い。
  • 全然関係ない話だけれども、武田鉄矢には一度でいいので猟奇殺人鬼の役をやってほしい。本当に怖いと思う。見たい、個人的にものすごくみたい。

いろいろ、感じるところがあったので、メモ。ものすごく面白いことに間違いはないので、心のアンテナが万全であるときに見たかった。







白夜行【TBSオンデマンド】をAmazonビデオ-プライム・ビデオで