読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orangestarの雑記

小島アジコの漫画や日記や仕事情報など

スポンサードリンク

「利己的な遺伝子」「銃病原菌鉄」から学ぶべき一番大切なこと

デッドストック

猫を殺す仕事kindle電子書籍で発売中です//となりの801ちゃん+412月11日発売予定

それは、原因があるから結果があるのではなく、“結果”があるから“原因”が帰納されるということ。ここを間違えると、ナチスドイツの優生学みたいな無茶苦茶なことになる。


「キリンの首が長くなったのは、高いところの植物を食べる為」


ではなく


「キリンの首が長かったので、高いところの植物を食べることができたので生き延びることが出来た」


が正解。


このふたつは同じことを言っているようで、全く違う。
ここら辺の錯誤が(そしてどう錯誤していることを理解できてない人が多い)いくつかの悲しい悲劇を生んでいる。例えは努力教。


「努力は必ず報われる」


という命題に対して、


「最終的に結果を残せた行為のみを努力と呼ぶ」


というようなことが意識せずに行われていることが、とても多くある。


こういう、因果の考え方に対して、なんとか、こう、ならないかなあと思うけれども、どうにも分かってもらえない。


利己的な遺伝子 <増補新装版>

利己的な遺伝子 <増補新装版>

スポンサードリンク
駿河屋