読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orangestarの雑記

小島アジコの漫画や日記や仕事情報など

スポンサードリンク

のたり松太郎みてる

本と映画とアニメと演劇

猫を殺す仕事kindle電子書籍で発売中です//となりの801ちゃん+512月24日発売予定

今期のアニメ、一応相変わらずある程度みてるんですが(やっぱり多過ぎて全部は追いかけきれてない)のたり松太郎、なぜか見ています。
聖闘士星矢Ωをずっと見ていて、(どうでもいいですが、聖闘士星矢Ωロックンロール回は最高でしたね!途中で切った人間は本当に残念でした!)その後番組っていうことで観てるのかもしれないけれども、なんというか、こう、すごい惰性で観れるというか、見るのに体力を使わないでみれる。すごい楽。
シーンシーンのつなぎ方に余裕があるというか、ちょっと油断した隙に話が分からなくならなくないし、キャラクターと物語が良い意味でテンプレなので、なんか、ゆったりとして見れる。(1話で考えられる限りの手の付けられない暴れん坊っぷりだったのには驚いたけど/中学生で二十歳越え!蒲郡苛せんぱいを超えた!)あと、松太郎がものすごいクズなのにそんなに不快感がないのは、松平健の声がとてもノーブルだからじゃないかと嫁と話してた。隠しきれない高貴な生まれ。もし松太郎の声が藤原啓治とか高木渉だったら完全にもうアウアウな感じだったと思う。ところでDIOの子安が自分はとても大好きで、大胆で小心でそれが2面性ではなく、一枚のテクスチャーとして成り立っているDIOという人間にぴったり合ってました。嬉しい。ところでアニメ3期の冒頭、棺桶が引き上げられた時「このブ厚い鉄の箱を知っている100年ぶりに大気を吸ったこの棺桶を!」っていうナレーションがなかったのは、もう、脚本的にギリギリのラインだったんだろうなと思いました。知らない棺桶。
そういうのを考えると自分って、もう、アニメを観る人間として年を取ってしまったんだなあって思う…。最近よく見てるアニメが、スーパー赤ちゃんタイム内の、「はながっぱ」「料理戦隊クックルン」「おじゃる丸」「忍たま乱太郎」という流れがもうね……。


あ、あと、BS11で放送中の、再放送ガンダムと再放送ガンダムビルドファイターズのスーパーガンダムタイムの楽しく観ています。

著作
+1巻+2巻となりの801ちゃん+3となりの801ちゃん+4アリスインデッドリースクール猫を殺す仕事はてな村奇譚上はてな村奇譚下さっちゃんズ1さっちゃんズ2
スポンサードリンク