orangestarの雑記

小島アジコの漫画や日記や仕事情報など

スポンサードリンク

みんな*1が無くなった!無くなった!といっていたテキストサイト村がここにあった「私全然不幸じゃありませんからね!」


りちょうとえんさんkindle電子書籍で発売中です//となりの801ちゃん+512月24日発売予定

※読書感想文です。

わたしは全然不幸じゃありませんからね!

わたしは全然不幸じゃありませんからね!

はてな村界隈で、望郷と共に語られるテキストサイト論、今はもうなくなってしまったテキストサイト、お母さんどこに行ったんでしょうねあの麦わら帽子とテキストサイト。もうどこにも無くなってしまったと、哀しげに語られ、そしてオモコロやシロクマ先生というかつてテキストサイトをしていた人たちが今まだ形を変えて活動しているから、テキストサイトはあるよ、ここにあるよというように語られるテキストサイト。でもそれって、鳥は恐竜の子孫だから鳥が生きてる今のこの時代に恐竜はまだいるよ、というような乱暴な理論です、恐竜は滅びました、地上では。
しかし、テキストサイト的なるもの、とは何か、テキストサイトの本質とは何か、という事を考えたとき、やはりテキストサイトはいまだ存在し、生まれ続けている、それが、このたにぐちFであり、その周辺のなんかそこらへんだと思うんです。
テキストサイト的なるものの本質、それは何かというと、“自意識をこじらせて”“自我、自己を意識することで自分は孤独であるということを実感し”“それでも孤独は嫌なのでウガーウガーって言いながら承認を求めながら高い対価を支払って大変なことになる”だと思うんですよ、ええ、そんな感じでした。で、まあ、たにぐちFさんのサイトを見てるとそれを、そのころをすごい思い出して。もう、たにぐちさんとか、あと、少年アヤちゃんさんとか、もう自分よりも一回り、人世代下なんですね。なんか、もう、本当に自分の時代(自分が非モテフロントミッドシップだった時代)は完全に終わってしまったんだなあと思いました。


今思うとあれは青春だった。