読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orangestarの雑記

小島アジコの漫画や日記や仕事情報など

スポンサードリンク

努力厨がはびこれば2020年地球は滅びる。


りちょうとえんさんkindle電子書籍で発売中です//となりの801ちゃん+512月24日発売予定

※2012年7月10日、ちょっとだけ記事戻しました。



どこで見たのか忘れたんですが(元ネタ知ってる人いたら教えてください)1か月思いっきり120%の力で努力すれば、次の月にはそれが100%の力でできるようになる。そして、その次の月には〜〜って物言いを見たんですよ。でも、これっておかしいよね、ってのが上の漫画。 あと、コンセプトは、エグザイルの二番煎じです。

ずっと頑張りっぱなしってのはできない。理想的なのは80%くらいの出力でのろのろと走り続けること。

  • 人間も車と同じで、ずっと全力っていうのはできない。200キロ出る車があったとして、200キロでずっと走り続けたらすぐにエンジンやあちこちがダメになるし、燃費も悪い。40〜60キロくらいで走り続けるのが一番燃費がいい。
  • 人生の目的は、200キロを出すことじゃなくって、できるだけ長く、できるだけたくさん走り続けること。
  • 人や車にもいろいろあって、100人や大きな荷物を乗せて運べるような10トントラックみたいな車もあれば、チョイノリみたいに近所を走るのに特化した車もある。チョイノリで山盛りの土砂は運べないし、10トントラックでスーパーに買い物には行けない。それは個人の違いで、努力とか勇気とかとは関係ない話。チョイ「いや、おれチョイノリだし…土砂なんか運べないし」10トン「だぜぇ」「要は勇気がないんでしょ?」←無理無理。

何かをやり始めは確かに成長する。でもそれは80%でも同じ。

  • 80%の力でやっててもたとえ5%でも、物事を始めたときはすごい勢いで成長する。でもそれはある程度で止まる。それは才能だったり肉体限界だったりする。それはどうしようもない。それが1ヶ月後に来るのか6年後に来るのかはわからない。

努力はほとんどの場合報われない。だから、勇気を出す前に、失敗したときの“覚悟”をするべき

  • 勇気がないんでしょ?って言われると腹がたつけど、覚悟が足りない、って言われると納得してしまう。
  • 勇気の前に覚悟。その前提をわからずに勇気勇気!っていう人が多い。
  • その覚悟をする前に本当にそれが必要なのか、失敗したときに失うものと比べても、前に進む必要があるのかを考えた方がいい。 **理性を使うといいってミッションちゃんも言ってた。
  • 勇気が一歩前に進むための精神ツールなら、理性は一歩後ろに下がるための精神ツール。 -デンプシーロールだって一歩下がればただ手数の多いだけのストレート。

理性、すなわち一回休み。

  • 今、必死になって頑張ってるのを一回休んでみる。手を休めてみる。ちょっとあきらめてみる、そうすると見えることもあるはず。
  • がむしゃらに、要はやればいいんだよ!グダグダいうな!考えてる暇があったら手を動かせ!っていう人間は「要は理性がないんでしょ?」
  • 楽になるために努力する。最後の目標は、“努力しない”“勇気も出す必要がない” まあ、まだまだ道の途中ですが、なんか方向性が見えてきたので。メモとして。

http://d.hatena.ne.jp/Erlkonig/20090403/1238757230
このエントリとそのコメントを見ながら考えた。

著作
+1巻+2巻となりの801ちゃん+3となりの801ちゃん+4アリスインデッドリースクール猫を殺す仕事はてな村奇譚上はてな村奇譚下さっちゃんズ1さっちゃんズ2
スポンサードリンク